奈良で

お祭り好きかもしれない、平城京天平祭りは、京都の時代祭りと全然趣が違うがこれは
これで楽しい。観客も古のスタイルの人も入り乱れて、秋の一日を楽しむ。セント君も。

スナップ

再建されて10年はたっただろうか。大極殿前に設置された舞台では
和太鼓の熱演、マレーシアの舞踊も見られる。
♪・マレーシアの音楽というのを初めて聞いた。

<

以前は↓の朱雀門だけが電車の窓から見えていたのだ。

<

菊の香りっていいですよ。// 少女たちが、にっこり!
*土日には、天平時代の衣装を着て、宮跡内を散策できます。

<

天平文化の様々な場面で取り上げられる (らしい) 龍。
流木や装花により創作されたオブジェは、広場で異様をほこっている。
// 裏側は遣唐使船、華やかに・・・。

<
 
こちらは本物の? 衛士。

<

塀の長さが素晴らしい、平城宮跡。

<

大極殿から、若草山が見える。  秋、本番。
<

 奈良へは家を出てから1時間半くらいかな。

コメントの投稿

非公開コメント

yuu姉さま。こんにちは

この施設。なんだかもの悲しく感じるんです。
周りになにもないからかなぁ。
私の家からも電車で同じくらいかなぁ。
車で信楽越えで行った方が近いんですが。

あすちーさま

おはようございます
> この施設。なんだかもの悲しく感じるんです。
そうですか、、、、私はそこまで深く考えませんけど。
広々しすぎかな、と思って
人には、催しものがある時に行くのがいいよと言いますね。
平城京の前、一時信楽に都があったのと違いましたか?

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

yuunee

Author:yuunee
移りゆく季節の風を
大阪より

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
オセロで遊ぼっ
検索フォーム
QRコード
QR