故郷のさくら

目の前の山さえぼんやりと、濃い霞がかかっている日だった。。
とい言うのは、きれいに撮れなかった言い訳だ。

<

"あそこのさくらなら見頃だぞ" と叔父に教わって行ったが、八重桜のことだった。
それも悪くはなかった。この時期ここを訪れることは、もうないかもしれん。

<

一本の八重さくらが毅然と立っていた。

桜 (1)

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

yuunee

Author:yuunee
移りゆく季節の風を
大阪より

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
オセロで遊ぼっ
検索フォーム
QRコード
QR