第一回・シニアカレッジ

  "わが町探訪" 市の古跡を巡ってみようという企画があり友人と行ってみた。
第一回は・・・。三ツ島神社の、この楠、
樹齢1000年と言われ、周囲約14㍍もあるそうだ。全国でも5本の指に入る大きさだ。
薫樟樟・・・遠くから見ると傘を差したようで、上から蓋をした形に見えることから
この名前で呼ばれている。

薫蓋樟図

「村雨の あまやどりせし唐土の 松におとらぬ 楠ぞこのくす」 の歌碑がある。
・・・ 公家・千種有文の詠んだ句。(幕末の岩倉具視の同士)・・・
公園の隅に、一休さんのお母さんの墓があった。一休禅師(御小松天皇の落胤)。
時は、南北朝時代。資料によると、楠木正茂のひ孫に当たるらしいが、名は不詳とある。
家紋入りの楠家の花立はまだ新しく見えたが、横の立て札は判読不能だった。

一休さんの母の墓

街中を行くと、あちこちで金木犀が匂い立っていた,一日。

金木犀

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

yuunee

Author:yuunee
移りゆく季節の風を
大阪より

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
オセロで遊ぼっ
検索フォーム
QRコード
QR