林間学校

5月半ば、恒例の宿泊例会でした。

 ■ 帝釈峡にて

続きを読む»

季節の花

今春は撮り逃がした花がいくつもある。オオヨシキリ(野鳥)も見に行きたいが
その前にいまの季節見逃せない、これらの花々をしっかりと記録しておきたい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ウツギの種類もかなり多いが、もっとも華やかなのはハコネウツギだろう。
// 裏の花は・・ ウノハナの匂う垣根に~ のウノハナ。

<

今日、緑地へ行く気にさせたのはユリノキである。大木のユリノキが林立している一角が
中の島バラ園よりも引力が強かったという次第である。
が、花数はまだ少なくて、慌てて行かなくてもよかったみたいだ。

<

さて、これは何の花か・・・ 答えはマウスオンで、

<

続きを読む»

散歩道で・・

公園を白いトベラの花が縁取っている。トベラ.・・・別名海桐。
私は公園や街路樹でしか見ないが、海岸の崖地に自生しているそうだ。
秋にべとべとする、赤い実がつくので注目する木だ。

1 トベラ

柿の花がなかなか、ユニークじゃないだろうか。
ユズという名札を付けた花を見つけた。柑橘の花は、どれも似ている。
香りに引かれて、花を探してしまう季節だ。

2柿の花2 ゆず

続きを読む»

雑草強く

公園の草地が黄色に染まっている。春の野に黄色い花はよく似合う。
あれはへびイチゴだろうかと近づいてみる。蛇イチゴだとしたら間もなく
このあたりは🍓の実で真っ赤になるだろう。・・・・さー、困った。かつてそんなに
赤くなったのを見たことがない。ヘビイチゴに似たほかの花かもしれない。
ま、ややこしい花は置いといてアメリカフーロでもアップしておこう。
外来種で根づかれると厄介ならしいが。花弁は可憐で色も上品だと、私は思う。

アメリカフーロ (2)アメリカフーロ (1)

踏まれても踏まれても、ニワゼキショウ。 風にゆらゆらとヘラオオバコ
風にそよぐ・・・のではなく、もしかしたら風を呼んでいるのかもしれない。

ニワゼキショウヘラオオバコ 

続きを読む»

春のバラなど

  バラはつぼみの形もいいし、花開いた時の優雅さはぴか一で
さすが、女王、と見惚れてしまう。同時に、バラの木の力にも驚くのだ。
ついこの間まで、葉一枚ついていない坊主刈りの花壇だったのに。
今では、びっしりと花盛りだ。

バラ園 (7)
バラ園 (4)バラ園 (1)バラ園 (5)

続きを読む»

あれこれ・・

 
エゴノキはユニークな名前が笑顔を誘う。果実が口にえぐいのでついた
名前だそうだ。まだその機会にはあっていないが。ブラブラした花がなかなか可愛い。
山道で、落花にきずいて木を見上げたのを思い出す。

エゴノキ

゜。°。°。°。° 真っ白な、梅花ウツギに黒い蝶が際立つ、  。°。°。°。゜。

<


゜。°。°。° ウツギの季節だ。・・・ ハコネウツギやタニウツギも 。°。°。°。

ハコネウツギタニウツギ

続きを読む»

ポピー

"花の丘"の看板に引きずられて、くたびれるほど長い道を歩いてしまった。
ポピーには慰められたが。このところ、なんだかだと不平の多い私なのだ。

<

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

<

。。。。。。。。。この顔がかわいいっ ! 。。。。。。。。。

<

続きを読む»

GW

連休と言っても、関係ない隠居のはずなのに、それがなかなか・・・。
息子たちにつられて万博公園へ行ってしまった。どこから見ても気持ちよい日本庭園。

庭園 (1)

もう"なんじゃもんじゃ"が真っ盛りだ。

なんじゃもんじゃ (3)なんじゃもんじゃ (4)

松の花。新緑の紅葉。ここで深呼吸 

松紅葉1

続きを読む»

カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

yuunee

Author:yuunee
移りゆく季節の風を
大阪より

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
オセロで遊ぼっ
検索フォーム
QRコード
QR