2学期も始まり・・

「明日は朝から青空でしょう」との天気予報だった。ではでは、とカメラを
準備して寝た。鶴見緑地へ行きたいところだが、体力のこと考えて
治水緑地で我慢する。キバナコスモスもつかの間の青空を喜んでいるようだ。

<

新米の出荷が始まったとニュースになっていたが、本当なんだ。早っ!
稲ばかりでなく、あぜ道の雑草も実になっていた。これは・・油断できないぞ。

<

続きを読む»

’15・夏旅-終わりの章 

山梨県・北杜市高根町清里というのが住所らしい。
町並みのパンフを見て、毎日山でなく、買い物もしたいねと言いながら行ったのだ。
ソフトクリームの食べ歩きをしたり、と。清里駅前どうり、とてもモダンなきれいな町で
衣類やバッグ、駄菓子やらその他を、あれこれ物色してうろつきました。
どこへ行くのか、グリーンのピクニックバスにも乗ってみたかったなー。

清里

続きを読む»

’15・夏旅-3 

長野県。富士見町の入笠湿原。標高1734㍍にある・広さ1.85㌶の湿原には
春から秋にかけて様々な草花が咲く。とくに春咲く100万本のすずらんがご自慢。
いまは、サワギキョウの群生に白樺が映える。 ↓・各2枚です。

<

信州のシンボル、白樺。

<

クルマユリか、コオニユリか区別はつかないが。 どちらでもいい、という気もする。、

<

続きを読む»

湿原の花と蝶

日本で唯一「渡り」をする蝶として知られるアサギマダラ。最長2000キロもの
旅をする、と。 山野では、フジバカマ類の花を見つけたら、待っていると来る。
入笠(ニュウカサ)湿原でもヒヨドリバナや黄色いマルバタケブキの
周りを飛び交っていた。
オオムラサキはいませんか? とガイドさんに聞くとそれは北杜市ですとのこと。
隣にいた方が、庭にきますよ、と言っておられた。一度お目にかかりたいな。 

<
black
パンフに入笠山は花の宝庫です、とあった。(画像にマウスオンでね
沢山ありすぎて、整理に困るわ、と贅沢なセリフを吐きながら・・。

<

続きを読む»

’15.夏旅-2

今回の旅は山梨・北杜市に2泊してその辺りを巡る計画だった。
私の旅といえば大抵団体旅行だが、今回は愛知に住む息子夫婦が車で
移動できる信州方面へ同行させてもらった。(・・・昨年もだったけど。
一日目は、小さなペンション泊り。
さっき食堂で宿題していた小学生が料理を持ってきてくれる、家庭的な雰囲気で
食後に主がピアノ演奏をされた。のち、飛び入りの客がギターを弾きますというので
耳を澄ましていると、ドキンと心臓がなるほど良い声が響いてきたものだ。
フランス料理も良かったけど,,、最後のお兄さん、アンコール!

入道雲を見上げながら少し歩くと、JR小海線を電車が通っていった、北杜の宿。

北杜の空

続きを読む»

’15・夏休み-1

北八ヶ岳ロープウェイ。山麓駅.ですでに標高1771㍍だ。それから7分。
迫力ある山岳風景にキョロキョロしながら2,237㍍の山頂駅につくと、
目の前に広がるのは溶岩台地の坪庭だった。

北八ヶ岳駅

坪庭は、溶岩むき出しの地に、長い年月をかけて植物が少しずつ
回復しつつある風景だそうな。この時期、花はあまり目立たない。

駅まえの広場で、一休みしてから、いざ! ・・・ 霧がながれていく。

<

続きを読む»

池の畔で


今年は大雨でも浸水しなかった治水緑地。池にはヒシ。
チョウトンボもひらひらしているが、捕まらない。キバナコスモスが
咲き始め、名残のハスも公園を彩ってる。大きい黄花はトロロアオイ。
園内は自転車OKなので、走っていると、涼しい風をふと感じた。ほっ!

集合 池の畔

続きを読む»

酷暑に候

ベランダの温度計が50度になったよーーなどとメールがきた。
オーバーじゃないのと思いながら我が家でも出してみた。50度までは
いかなかったがかなり近い。家でおとなしくしているに限ります、かね。
ちょっと散歩だけしてきて、、、っと。 元気な芙蓉に元気をもらってきた。

<

その他のはなは一覧にして・・・。サルスベリにランタナ。
ジュランタは、しっとり咲き、スイレンは水の上で涼しそう。

集合3

続きを読む»

カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

yuunee

Author:yuunee
移りゆく季節の風を
大阪より

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
オセロで遊ぼっ
検索フォーム
QRコード
QR