岡山・衆楽園など

衆楽園は岡山で、後楽園に次ぐ庭園だそうだ。旧津山藩別邸のお庭で
あまり広くはない。殆ど池が占め、しっとりしたたたずまいだ。

衆楽園池

苔むした橋をおそるおそる渡ってみた。水面はびっしり、白一色のスイレンだ。
  小さい画像は、クリックで大きくなりますから。

衆楽園池-2 衆楽園池-3

一角に迎賓館と思われる建物があって、建物自体に貫禄はないが、
体育クラブの合宿ができそうな大広間が、懐かしい気がする空間だった。

スイレン 衆楽園 広間

続きを読む»

紫陽花寺にて

やっぱり一度、矢田寺へ行くべきかな、あじさい狙いには、、、。
寺へは、近鉄郡山(奈良)の駅から、山へ向いて行けばいいらしい。沿道の花々も
楽しみながら1時間ほど歩く。着いたと思ったが、長い階段があって、紫陽花はそれを
クリアーしなければ見られない。杖をついたおばあさんも何人かおられたが、
ちょっときつかったのではないかな。でも頑張りがいはあったと思う。紫陽花の洪水だ。

<

あじさい寺と称するだけのことはある。

矢田寺にて-10矢田寺にて-2
 
お地蔵さんも、にっこり。

<

・矢田山金剛山寺は、万葉の昔より矢田の里と呼ばれている地の中心にあり
日本最古の延命地蔵菩薩が安置されている古刹である。

続きを読む»

魅せられて・シャラ

一休寺にシャラの木が何本かあるらしい。そんな情報に飛びついて行って来た。
電車に乗ること30分、徒歩20分のところだ。
大分散ってますよ、とおっしゃる係員の言葉にちょっと気落ちしたが、、、。
緑濃くなった、庭にとても似合っている。これで紫陽花が少しあれば言うこと
なかったのだけど。それは又、奈良へでも行ってみよう。

一休寺

鉛筆

一休寺のシャラ 一休寺のシャラ3
一休寺のシャラ2 シャラ・一休寺

散った花で、芝生が一面、白かった。雨が降ったりやんだりの1日で、
又散りはするだろうが、もうしばらくは、見られると思う。
・・・・・ ↑・クリックすると大きな画像になります・ ・・・・

続きを読む»

今年の紫陽花-1

緑地には、あまり人が止まらない林がある。冬、野鳥が飛び交っていたり
春先には、ひっそりと咲く花が何種かあって、私は時々廻ってみる訳だけど。
小川のほとりに、紫陽花が植え込まれているのは、失念していた。
 挿しながら、出てきたかいがあったわ。コリンゴの実も確認したし。
・・・・・画像には、マウスオンしてね。・・・・・ 

<

<

続きを読む»

移る季節の記録

南米の花、ジャカランダ。そろそろ見頃のようだ。今年は一心寺へ見に行こうと
思っていたが、曇天続きでは、面白くないのでヤンピ。・・ 緑地でも見られるのだ。

・同じようなマメ科で南米の、黄色い花、ティプアナ・ティプも咲く時期なのだが
今年は、見つけられない。枯れた・・と言われても納得できない、大きな木だったのに。

ジャカランダ

蓮はまだかなと思いついて回り道したら桔梗がにっこり咲いていた。
アガパンサスも咲き始めた。蓮は小さいつぼみが上がってきたところだ。

桔梗 アガパンサス

続きを読む»

京都御苑で沙羅の木を

 沙羅の木、どこかで見なかった? と尋ねて回ったら、以前京都御苑で見たよ、
と教えてくれた人がいた。御苑と言っても広いのに、見つけられるかな・・・
と思ったが、ちゃんと3ヵ所で見て帰ったよ。 

<<<<<

 ・ 下の小さい画像にマウスオンすると上の画像が変わります。

続きを読む»

私市の山中で

今月の自然観察会は、”ささゆりを見に行こう”、、だった。昨年の会を思いだすと
出合えばいいな、という程度で、期待は抑えていた。お天気は悪いし。
だが、思いがけず沢山のササユリが見られた。薄暗い山の中にひっそり、と。、

<

鉛筆

ホナガタツナミソウ アリドウシの花

↑・淡ムラサキのホナガタツナミソウは群生していた。
アリドウシは冬に赤いかわいい実をつける。花は初めて見たような気がする。

オカトラノオ ニガイチゴ

↑・左はオカトラノオ。右は、ニガイチゴ。少し試食、名前はニガ・・でも甘いよ。

・時折傘をさしながらの山道だった。時期を外すと一年後しか見られないのが
自然の花たちだ。無理もまたよし、か。 ・・・ 来年もまた、出合えるとといいな。
珍しい植物の生態なども聞いたが、右から左へと知識は通過。先生、お許しあれ

咲き始めた花たち

これから見頃に向かう花々。ネムノキ // ジャカランダ

ネムノキ (1) ジャカランタ (3)

ギンバイカの花はかなり寿命が短い // 甘い香りの ・・・クチナシの花

ギンバイカ2 (3) クチナシ

そして、これからは紫陽花 // カシワバ紫陽花も

newアジサイ カシワバアジサイ

続きを読む»

今日の出合い

派手な花である。ハナザクロ。一重のザクロと違って実にはならないそうだ。
// (マウスオンで) ・・・ササユリが最後の花を咲かせている。
本当は、ササユリをトップに飾りたかったのだが。

<

フェイジョア。南米原産が、うなずける花である。別名、パイナップル・グアバ。
実は、食べられる。花も食べられるらしい。// もう一枚ササユリを。

<

続きを読む»

6月の風景

梅雨入り宣言されたりする時節である。公園の芝生などには、待たれる雨かも
しれない。最後部の芝生に咲く黄色い花は、ブタナらしい。


<
          
       <
                  
              <
















。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

続きを読む»

花ショウブの季節

雨の予報だった。ショウブには雨が似合うのではないかと 山田池の菖蒲園へ
行って見た。雨は帰宅してからしか降らなかったが。花はちょうど見頃だった。
・・・どう撮ればいいのかわからないままの画像ではある。(2p)

<

ここにポツポツ水滴が落ちれば、風情が増したのでは?

ショウブ園 から

続きを読む»

季節は巡り

もう、涼しげに睡蓮が、水に映える季節だ。
しばらくぶりに訪ねた御領の散歩道で、、、。

<

この近くで毎年ナツツバキを撮らせてもらっていたのに、昨年、木の様子がおかしかった。
それを確認するのがつらくて、なかなか行けなかったのだ。
やっぱり。ナツツバキはダメのようだ。根から抜いてしまったのだろうか。
ヒメシャラの方は無事だったが、こちらも気のせいか元気がない。

<
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

yuunee

Author:yuunee
移りゆく季節の風を
大阪より

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
オセロで遊ぼっ
検索フォーム
QRコード
QR