春も終わりかな

雨の1日だ。所在無く、あまり整理できていない4月のファイルをめくってみた。
しばらくぶりで、ボツ写真救済委員会でも、、、と思ったりして。

 画像をクリックして見てください

野草たち

足もとの野草が、可愛い表情で風にそよいでいる。
いまは、ヘラオオバコなど、一番楽しげだ。

揺れるヘラオオバコ

種類が多いので、一覧表にまとめてみる。( マウスオンでもう一枚 )

<

続きを読む»

ボタンなど

街中でも、あちこちでボタンが華麗な花を咲かせている。
自分で育てて花が咲いたら、嬉しいだろうなー。私は、もっぱら鑑賞組。
金赤のがいちばんかな、小豆色のもいいか、う~ん、ピンクのも好きだし、、、。・

<

大きなバラに先駆けてモッコウバラが咲き始めた。
棘が無く、丈夫で育て易いバラと言われている。
白いのもあるが、普通モッコウバラといえば、このクリーム色だ。

<

続きを読む»

故郷の山川

生家の前の道は、西赤石山への登山道だ。昔々、学校からこの山目指して
帰ってきたというわけで。久しぶりに仰いでみる。(マウスオンしてね)

<

登山道路下には、アメゴが放流される清流が、勢いよく流れている。
所々に流れの緩やかな場所もあるので、子どもの頃、そこを遊び場にしていた。
水が冷たくて、長くはつかってられなかったが。いまは、まず遊泳禁止だろう。

<

続きを読む»

故郷のさくら

目の前の山さえぼんやりと、濃い霞がかかっている日だった。。
とい言うのは、きれいに撮れなかった言い訳だ。

<

"あそこのさくらなら見頃だぞ" と叔父に教わって行ったが、八重桜のことだった。
それも悪くはなかった。この時期ここを訪れることは、もうないかもしれん。

<

一本の八重さくらが毅然と立っていた。

桜 (1)

治水緑地の桜

治水緑地のひろばには、桜がいろいろと揃っている。花見で賑わうコーナーは
シーズンには近寄れない。バーベキューの煙と匂いがひどいからだ。
が今ならのんびりと↓のようなサクラを愉しむことができる。(マウスオンでもう一枚)
ウコンサクラ//ギョイコウサクラ。・・どちらも、あまり桜らしくないけど。

<

これはどうだろう。兼六園キクザクラ。
毎年陳列しているのに、”どうだろう”もないかな。(マウスオンでもう一枚)

<

八重のさくら、、、は文句ありません。かわいいっとしか言えない。(マウスオンでもう一枚)

<

続きを読む»

そして又、、、

季節は、そろりと、ウツギからツツジへ移っていくわけだけど。
林の中で、ツクバネウツギめっけ。こんなに花をつけているのは初めてみた。
(マウスオンでもう一枚)

<

ワー、かわいい。  コナラかな? ⇒ マウスオンでの画像はクヌギ

<

続きを読む»

めぐる季節

blogの古い記事は頼りになる (私のだけでもない)。昨年の今頃は、何を見て
歩いたのか、一昨年は.と。 ・・・ そして今朝ちょっぴり慌てて、緑地へ出かけた。
ズミはもう散ったかもしれない。ヒメリンゴの花も撮らなくては、チャンチンはどうかな?

ズミ (別名コリンゴ)は危うくセーフだった。   (マウスオンで別画像あり)

<

リンゴの方も、すでに満開だ。こうして見ると、ズミとリンゴはつぼみの様子が似ている。

リンゴ の花 ひめリンゴ

続きを読む»

高遠目指し。

今回の旅は信州・伊那の高遠城址公園の桜が目当てだ。ここのサクラは小粒で
少し赤い。その可憐さと規模の大きさで、「天下第一の桜」と言われている・・・そうだ。
4/11・花は3分咲き。 ・・・花の咲き具合は運しだい。お任せだから、致し方ない。
代わりに行く先々で南アルプス・中央アルプスの雪山が眺められ、good! 

駒ヶ根にて 城址公園から

つぼみのさくら

駐車場の向こうにも。

中央アルプスの眺め

千丈ガ岳

城址公園の南ゲート辺りだけ咲いていたさくら一枚。  (お義理だけど)
こんな色に、みんな咲いたら見事だろうなー・・と想像力を働かせて。

高遠城址

続きを読む»

清冽・わさび畑

信州安曇野で、わさび畑というのを初めてみた。なんとすがすがし眺めだろう。
私の好みとしては・・・わさびそのものより、花の方に惹かれる。
わさびがピリリと辛いのは、清楚なこの花のおかげのような気さえする。
(マウスオンで別画像あり)

<

ここ大王わさび農場は45,000坪もの広さだ。平地で栽培というのは珍しいとのこと。

<

北アルプスを源流とする豊富な湧き水によって育まれるわさび。
気温はかなり低いようで、咲いてる花は桜ではなく、殆ど梅だ。

<

 生わさび、いい値だよ。少し大きいのは4000円なんて値札がついている。

続きを読む»

桜に続く・

さくらだけが花ではないよ、と言いながら、やっぱり桜に引きずられるのがこの季節だ。
しかし、大阪の桜はもう終わりのようだ。
で、代わりの花は??? カリン、ハナズオウ、スミレ・・・etc
(マウスオンで別画像あり)

<

舗装道路・・・コンクリートの隙間に咲く花のたくましさよ。

春の情景

続きを読む»

井手町散策。

電車で一時間ちょっと。JR奈良線の玉水という駅から歩いて30分。地蔵禅院の
しだれ桜が満開とのこと。 井手町・観光課の方に聞いて出かけた。
(マウスオンで別画像あり・・・下の方も)

<

こちらのしだれ桜は、京都円山公園のしだれと縁戚で、古いものだそうな。

<

続きを読む»

井手町--玉川のほとり。

玉水駅から地蔵禅院へ行く途中、玉川沿いに桜並木が長く伸びている。
(この玉川、日本六玉川のひとつだと看板が立てられていた。)

天平のむかし、橘諸兄公によって川のほとりにヤマブキが植えられたと。
古くから歌人にも親しまれた、歴史ある地らしい。

<

さくらはいつ植えられたのかなー。何かと無知な私にも、この景観は差別なく、

玉川のさくら 玉川さくら

さくらだけでなく、モモもヤマブキも、もみじの新芽まで彩りを添えている
玉川風景である。

<

満喫、井手町の風景

桜・見物の設定日ではあるが、脇役の花たちも、この時とばかり、精いっぱい
華やいでいる。・・・精いっぱい奮闘は、私のカメラもだ。

春がすみ(?)がかかってはいたが、空は青く、菜の花は輝いていた。

菜の花はたけ

この町、椿公園があるほどで、椿がかなり幅をきかしている。
ユスラウメもきれいだよ。

椿 ゆすらうめ

。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。

ゆきやなぎと

続きを読む»

わが町のさくら

わが町の,花見場所としては、用水路沿いの "砂子のさくら並木"がある。
4月1日、近所の人たちが、そこここに陣取って、お弁当を広げていた。
私は一人、カメラマン。 

わが町のさくら特選です。画像をクリックして見てください

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

その他にも、沢山撮ったけど、こんなところにしときましょう。


ご近所めぐり

以前は、暇ができるとカメラを提げてうろついたご近所だ。今日は久しぶりに
街中をめぐってみた。お花見で賑わっているだろう桜並木を訪ねるついでに。
・・・・花盛りだった。こぶしの花は、もう終わりちかい。//ザイフリボク

<

ハナカイドウ // ニワウメ ・・・ 、どの画像もクリックで大きくなります。

ハナカイドウ ニワウメ

ライラックは、この辺りでは珍しい。// ヤナギザクラ・も。

ライラック ヤナギザクラ

ナワシログミだと思う、ぐみの花。// ナシの花。

ナワシログミ (3) ナシ (3)

びっしり花をつけているのは、スモモのようだ。// ムラサキハナナ

すもも ムラサキハナナ

シモクレンやら、桃、ボケ、ニラの花やエンドウ、大根の白い花など、まだまだ
沢山あるのだが、今はまず桜を撮りたいので、割愛する。
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

yuunee

Author:yuunee
移りゆく季節の風を
大阪より

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
オセロで遊ぼっ
検索フォーム
QRコード
QR