ぶらぶらと京都・・Ⅱ

紅葉狩りに行って、心に残るとしたら、どんな眺めだろうか。
ずいぶん遠くからも京都の紅葉を見に来られるが、どのような風景を刻んで
帰られたのだろうか。これらの写真のように背景が見えないとどこでも同じかな。
今年は桜の葉ばかり目につく気がする。・・・どこもマウスオンでネ。

<

しかし、赤さでは、やっぱ、もみじの勝ちかな。

<

銀杏は、落ち葉がいい。

<

続きを読む»

ぶらぶらと京都- 1

京都テレビだったか、番組で面白そうな重文の紹介をしていた。
ガイドブックに余り出ていない寺だったので、今年はそこに行こうと思っていた。
金戒光明寺(コンカイコウミョウジ)・・・知る人は知る寺のようだが。
山門に上がって、天井一面の「播龍図」を見ました。
・・・どこもマウスオンでネ。

<

池に紅葉がやさしく、きれい・・・ // 冬さくらも彩りそえて・・・ 

<

くろ谷といえば、ここ。1175年、法然上人が初めて草庵を結んだ地であり
幕末の会津藩や、新撰組ゆかりの地としても知られている寺だそうだ。
・・・ 幕末の会津藩といえば、いまは新島八重さんかな・・・

<

続きを読む»

黄葉・紅葉大阪城辺

久しぶりに、スカッと晴れ上がった。出かける予定はなかったのだが、
青い空に白い雲ときては、じっと家におられない。こういう時は必殺、大阪城へでもゆくか。
銀杏も桜葉もいい色に染まっていた。・・・マウスオンでネ。

<

 極楽橋だ。梅の花を撮りに行くときなど、殆ど人のいないところなのに
今日はすごい賑わいだった。

<

昨年は、このあたりに懸崖の菊が沢山あったのだが、今年は一本もない。

<

続きを読む»

冷え込んでいます

緑地で、校外学習の群れに沢山であった。遠足日和には少々寒いが、、、。
教室で勉強よりはいいかもね。

 遠足・遠足、うれしいな

日が差してると思っても油断ならないのが近ごろの天気だよ。

紅葉始めた街路樹

  最近、何度にわか雨にやられたことか・・・。

続きを読む»

大阪・船場かいわい

最先端の高層ビル群の中に、先の大戦の戦災を免れた近代建築物や、
江戸時代の建屋が混在して、レトロなデザインを残している。
”時空を超えた・・・”風景が楽しめる街、船場界隈だ。


 画像をクリックして見てください。5枚です。

・この楽しい姿のビルは大阪産業創造館だ。
”漕ぎ出す大阪の企業家をイメージしたアートモニュメント”とのことだ。

<

〈学習〉・・・大阪・船場(船着場の意)は秀吉の時代に海辺を埋め立てて開発。
大阪夏の陣で焼き尽くされた後は、徳川家によって再興され、拡張された。
瀬戸内海に面した地性的利点から諸国の集積地となり発展していった。
そうして力をつけた町人の財力を背景に町人による文化がはな開き、
豪商らの手により私塾が設立、、、やがて適塾なども生まれた。

中之島風景

歴史街道・船場をめぐるウォーク前に、この風景を見ながらお昼にした。
中之島中央公会堂はいつ見てもいい姿だ。・・・マウスオンで。

<

まえを水陸両用バスがぐるぐる回って、やがて去っていった。水陸両用というけれど
実は私は陸を走るのには、出会ったことがない。

<

梅田のあたりから陸上を経て、中之島をめぐると、3,600円とのことだ。
・バラが、少し咲いていた。

続きを読む»

歴史街道クラブに

大阪・船場をめぐる・・・という企画を目にした。一度そういうのもいいかな
と思って行ってみた。天満天神繁盛亭で 船場にまつわる講談や落語を聴いた後、
『なにわの歴史を船場から探る・・・』 という訳だ。
講談は旭堂南陽氏、落語は林家染雀氏。どちらもいい男だ。(マウスオンでね

<

昼食は各自でとったあと、ウォークのスタートは大阪証券取引所前。
ここは、世界で始めて先物取引を扱ったのだそうな。
像は、証券取引所設立者の五代友厚氏。

ウォークスタート地点

秋の公園

 御領の公園、しばらくご無沙汰したかな?
そろそろ、冬鳥が来るころだと、その時を待っているのだ。
エサになるピラカンサは、びっしり実をつけている。

落ち葉がきれい・・・

続きを読む»

11月の観察会

 自然観察会、10月は2度も台風の日にあたり、中止になった。
今月は、三田まで遠征、有馬富士公園めぐりだ。朝は、晴れ渡っていた。
池の周りをぐるりとまわっておしまいかと思って行ったのに、岩場を登ったり
にわか雨に降られたり、なかなかの1日だった。紅葉は、もうすこし先だ。
( 2枚ずつ入れています。マウスオンで見て下さい。)

<

カラスヘビ捕まえた先生のはしゃぎようは、子どものよう。
私たちも、そばへ行って糸のような2枚舌を、じっくり観察、観察会だから・・・。

有馬富士は367mの高さだが。

雨の後に、慰めの虹をみた。

<

お寺も・・・

  ハイキングの上がりは、洞川(どろがわ」温泉入浴のはずだったが、
近くにある寺が、テレビで話題になっていたし行きたいと、おっしゃる方について行く。
龍泉寺。1300年の昔、大峯山の開祖、役行者によって草創された名刹。
全国修験道の根本道場として信者や登山者が訪れる真言宗醍醐派の大本山
・・・(パンフより) だそうだ。大きなお寺です。
( どこも2枚ずつ入れています。マウスオンで見て下さい。)

<

境内の紅葉は、周りより一歩先を行く鮮やかさだった。

<

続きを読む»

渓谷で

 天川村の誇る、みたらい渓谷。さすがーーと言うべきか。
渓谷沿いの道は、整備されているが、結構厳しい行程のハイキングではあった。
たまたまバスで一緒になった人のお供をしたが、何度も大丈夫ですかと聞かれた。
( どこも2枚ずつ入れています。マウスオンで見て下さい。)

<

なにせ、私の場合、よそ見が激しい。このきれいな眺めを求めて
はるばる来たんだもの、ひたすら歩くだけなんて、、、ネッ!
エメラルドグリーンの清流は、引き込まれそうな色だ。

<

続きを読む»

’⒔ 紅葉-1 

奈良県・天川村。その4分の1が吉野熊野国立公園に属し、有名な寺社もあり
豊かな自然と文化を誇る村です。―――天川村のパンフより。
いましも、雨上がりの山は、色よく,紅葉に向かってまっしぐら、か。見頃は近し!

 画像をクリックして見てください。5枚です。

よっといで!

市民プラザで、地域伝統文化まつりがあった。市内のだんじりも沢山集合する。
”鐘の音してるよ!” と聞いては行かなくちゃね。
近辺の市のユルキャラたちも、寄ってきて・・・

ユル2

地域ごとに考えられたユルキャラたち。こういう催事に欠かせなくなってきたようだ。
ちなみに、わが市のは、猫のガラスケ、、、らしい。

ユルキャラ1

どちらが主役か、分からないけど、だんじり大集合も壮観だ!

だんじり集合

続きを読む»

カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

yuunee

Author:yuunee
移りゆく季節の風を
大阪より

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
オセロで遊ぼっ
検索フォーム
QRコード
QR