温かい2月の終わりに

 朝からぽかぽかと温かい。こんな時公園の小川にカワセミが来ているかも
と予感して出かけた。が、これは外れ、ジョービタキ嬢がいただけだった。
その後、治水緑地まで足を伸ばしたら葦の原に、珍しくホオジロがいた。
この鳥はあまり騒がしくなく、よく撮らせてくれる。(2pで)

<

モズは大抵どこかにいる。長いしっぽをゆさゆささせて止まるので、遠くにいても
すぐわかる。カップルでいるのは初めて見た。 なんかほのぼのの雰囲気だ。 

<

続きを読む»

早春の花咲く

三週間ぶりの鶴見緑地だ。お目当ては野鳥だったが、考えると花のシーズンも近い。
韓国庭園に入ると、サンシュユの花が噴き出し、細身の紅梅も咲き始めている。


紅梅 咲く

マンサクも全開 ! 先日氷と雪の風景を見てきたばかりけれど、こちらはもう春なんだ。
北国にも早く春が来ますように。

サンシュユ マンサク  

続きを読む»

今日も鳥追い

 満開の梅の木があった。メジロが何羽も見え隠れしている。もう慣れっこになったか
(それはないか) 近づいてもそれほど逃げていかない。よしっ、きれいに撮るからね。

<

 ・ ・ ・ 待望の、晴れた日のヒレンジャク。もうしばらくいてくれるといいが ・ ・ ・ 

<

どの実がお気に入りなのか、まだ良くわからないが、他の公園では見かけないところみると
ここに何か好きなものがあるのだろう。それにしても派手な鳥だ。

<

続きを読む»

木曽町三岳に、突然の氷河? だった。巾250m.高さ50mの白川氷柱群。
御嶽山山麓の崖の上から流れ出す湧水が凍っているのだ。(-10度~20度)

つららのような

乗客41名と添乗員、バスの伊藤運転手に命を預け、凍った山道をくねくねと行く。
今回の旅は雪景色目的だったので、この氷の柱については何も予備知識なく
なに?これっ! と驚き、喜んだ次第。 (マウスオンでもう一枚)

<

ツアーメンバーに6人香港から来た人がいた。添乗員の方は、半分英語でスピーチ。
私たちもそれに便乗し are you ok? などと学習しまして、、、

雪景色

  雪が珍しくて、ちょっと嬉しい位の私たちです。雪積もる風景を求めて旅にでました。
( 雪国の人ごめんなさい。)
雪は、バスの窓からも堪能するほどでしたが、途中雪のないところもあって
お目当ての白川郷はどんなんやろうねぇ、積もっているかな、、と言ったりしたのですが。

画像をクリックして見てください。写真5枚入れています。


<

・この"であい橋"を渡って合掌村 集落に入りました。川は庄川。

続きを読む»

まだいた、ヒレンジャク

ヒレンジャク、まさか、もういないだろうと思いながら行ってみた。
世に無数にはり巡らされている電線だ。特にこの辺にきて止まる訳ない、と。
ところがいたのだ。なんでだろう? ここの公園の木の実に狙いつけたかな。

ヒレンジャク

電線に止まっているのを見上げていたら、頻繁にフンを落とす。トットットット・・
フンに託して、何かの種落としていったかも。

aヒレンジャク 2

冷たいみぞれの降る日だ。空はどんよりしているし電線まで距離があるから、
まともには撮れてないのだけど、点ほどの画像を無理して拡大してみた。

aヒレンジャク 3

晴れた日にもう一度合いたいよ。面白そうなつら構えだもの。

続きを読む»

近くに、

野鳥タイトル
 今日のそら、青くはない。あまり気は乗らないけど、ちょっと散歩してこようと出かけた。
ヒャー、カワセミがみのり公園にいた。えさがあれば良かったけどね、
そしたら又来るだろうし。ここで合うの初めてだよ。// コサギも飛んできた。

<

電線に何か止まっている・・・と思って2.3枚撮って帰った。画像を開いてびっくり。
ヒレンジャクのようだ。慌てて又見に行ったけどもういない。10羽ちかくいたのに残念。
ピラカンサ (好物らしい) まだあるよ、もう一度きてくれないかなぁ、、、。

ヒレンジャク ヒレンジャク

この近所で見たことなかったが、マヒワがサルスベリの実をほじくっていた。
・・・やっぱり出かけてみるもんだ。

<

続きを読む»

公園風景

梅が咲いている。近寄って初めて、あれ、咲いてるやんという感じだ。
いい香りがする。

紅梅 ()

白いのが清楚でいい。少しピンクがかったので、梅の実になりそうなのもいい。

白い梅

続きを読む»

自然観察会へ

今月は堺の大泉緑地を散策した。先生がお休みのため、みんなでブラブラ
歩いただけの会ではあった。ひつじのいる公園だ。(マウスオンで)

<

植物はこれといって珍しいものはなく、野鳥を追う時間が多かった。
足元ではタネツケバナやホトケノザがひそやかに芽吹き、花をつけてはいる。

種付け (2) 仏の座

天の川のほとりで

私市の天の川へ、カワセミ狙いで出かけた。"植物園の入り口辺によくいるよ"と
付近に住んでいる人がいつも言っている。私自身も2.3度見かけたことがある。

天の川

運が良ければ、撮れる、ということだが。さて今日は・・・?
下の一枚を何とかものにした。ま-んず、、ラッキー としておこう。

カワセミ

ルリビタキ嬢がジョービタキ嬢につられるように現れた。前回もそうだった。
この2種は仲良しなのかな。ルリは尾羽がほんと、ルリ色だ。
カワセミのルビーには負けるけど、きれいっ。  (マウスオンでもう一枚)

<

常連の鳥たち

今日は冷え込んで雪が舞っている。ほこりかなと思う程度の雪だが。
用事をすませて、座り込む前に、公園で待っているかもしれないメジロを見に出かけた。
いるいる。彼らの好物、ピラカンサ、花のつぼみ、山茶花、金柑などなど沢山あるから。 

2.8-メジロ 1

そのあと、以前メジロが群がっていたピラカンサのところへ行ってみたが
すでに赤い実は食べつくされていた。ハハー、それで近い方の公園にいたのか。
(  クリックすると大きな画像になります )

2.8-メジロ 2 2.8-メジロ 3

常連の鳥--2.  ジョービタキ嬢。どこからともなく現れて、しばらく飛び回っていたのに
しまいに桜の木から動かなくなった。"寒いから、帰るよ! " と近寄って手を伸ばしても。

<


続きを読む»

水仙郷で

 淡路島の水仙卿が呼んでいる・・・ような気がした。 
"水仙の香り漂い、華麗な純白のじゅうたんがひろがる、灘黒岩水仙郷へ " と。
淡路島南部の海際、45度の傾斜地に500万本の野生の水仙が、咲き誇る。
遊歩道をたどっていくと、ファーッと香りに包まれる。紅白の梅も彩りを添えて、、。

画像をクリックして見てください。写真5枚入れています。

続きを読む»

節分が終わって・・

野鳥タイトル 性懲りもなく緑地通いして撮ってきた鳥たち。

■ 春にむかって飛べっ・・ ■

続きを読む»

オキザリス・ウェルシコロル

いま、ベランダでたくさん咲いている。さすが、オキザリス、繁殖力が強い。
昨夏、植木鉢を整理し少しだけ残した鉢の、そこここから芽をだし花が咲いた。

オキザリスウェルシコロル (3)

襟首のところの赤い線がなんとも言えない、オキザリス・ウェルシコロル。
日が当たると、開花する。冬のこの時期に、貴重な花だ。(マウスオンでもう一枚) 

<

・これを年に一度は書いておかないと、忘れてしまう長い名だ。

池の鳥

 
いいのか、どうか。池には餌を持ってくる人が必ずいる。パンクズだそうだ。
鴨や鳩は、気配を感じたら大集合する。いち早くパンをゲットしたヒドリガモ
どっちも頑張れっ!

鴨たち

この鳥たちは渡り鳥ではない。黒いのはバンでくちばしの黄色いのはカルガモ。
マウスオンの画像はみんなアヒルだそうだ。グァ・グァーと鳴くので納得・・カモ。

<

下の2種はくちばしが大きいハシビロガモだ。オスは頭がグリーンのはずなのだけど、
左のは、オス.メス、どちらなのか。今度先生に聞いてみよう。

ハシビロオス (2)ハシビロガモ メス

何度教えられても鴨の判別は、あらそう ! ですましていた。がハシビロガモの
きれいな羽を見たら、名前を調べたくなって・・。  

梅の花と水鳥

  温かい日差しに一輪の梅がよく似合う ・ ・ ・ ぼつぼつ咲き始めたようだ。

梅 (3)b

弁天池で。あっ潜った、と見ていると、はるか向こうに浮いてくる。
人懐っこく愉しいカイツブリだった。にらめっこなら負けないよ   

カイツブリ3

♪.罫線

カイツブリカイツブリ2

 弁天池公園の川にカワセミもいたが、今日は撮り損ねた。
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

yuunee

Author:yuunee
移りゆく季節の風を
大阪より

月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
オセロで遊ぼっ
検索フォーム
QRコード
QR